ゴールド系クレジットカードの詳細

こちらでは、低年会費タイプのゴールドカードと一般的なタイプのゴールドカードを紹介します。
同じゴールドカードではありますが、少し内容が違いますので、どちらを利用しようか悩んでいる方は参考にしてください。

・ゴールドカードの審査の難易度とは

低年会費系ですが、こちらはかなり簡単に手に入れることができます。
具体的には、クラシックカードと同等です。
非正規雇用の方でも作成可能です。

一方で一般タイプの場合は、少し審査が厳しくなります。
年齢制限がある場合も多いですが、20代でも作れるようなタイプも多いです。
ただ、非正規雇用で作るのはかなり難しい場合もあります。

・カードのサービス内容

低年会費系は、旅行保険はしっかりと付いています。
その他のサービスについてもある程度充実しているものがあります。

一般タイプは、旅行保険もハイレベルです。
充実した保険が付いています。
さらに空港ラウンジサービスの利用ができるようになりますので、充実した内容になります。

・年会費について

低年会費のカードは、2,000円から6,000円程度になります。

一般タイプは、年会費が10,000円から20,000円になります。

年会費については両方とも必ずかかります。
特に一般タイプは大きな費用になりますので、しっかりと利用できなければ損です。

Comments are closed.